近年、勃起障害は病院以外でも、個人輸入代行業者が運営する通販サイトの利用で手軽に購入することが可能です。実際に病院で処方されているお薬ですので効果は同じですが、気になる価格について調査してみました。

  • ホーム
  • 勃起や持続しにくい症状が起こる勃起障害の原因と治療

勃起や持続しにくい症状が起こる勃起障害の原因と治療

パソコンを使用している男性

勃起障害とはセックスなどの際に十分な勃起が得られなかったり、十分な勃起が持続できずに満足のいくセックスが行えない状態のことを指します。
また単純に勃起しない状態のことだけを勃起障害と言うのではなく、勃起するまでに時間がかかったり、勃起した際の固さが不十分であると言った状態も勃起障害とされています。
勃起は性的な興奮によってその刺激の伝達によって、男性器に血液が集まることで起こりますが、この過程に何らかの原因によって不具合が生じてしまうと勃起が起こりにくくなったり、起こっても持続できなかったりということが起こるのです。
勃起障害が起こる原因としては精神的なストレスなどの心因性、神経や血管の障害による器質性、特定の薬の使用による薬剤性などがあげられます。
心因性の場合は精神的なプレッシャーが多くなる30代から40代に多く見られますし、器質性は主に加齢によるものであったり、喫煙、糖尿病、うつ病、前立腺肥大症、高血圧、肥満など様々な要因があり50代以降に多く見られます。
薬剤性は中枢神経などの神経に作用する薬であったり、抗精神薬などを使用している場合に起こりやすいとされています。
勃起障害の治療方法で一般的なものは投薬治療です。
主に性的な刺激に対して海綿体が反応しやすいように作用する薬が用いられます。
よく知られているものとしてはバイアグラやレビトラなどがあります。
病院でも処方してくれますが、バイアグラやレビトラを買うなら通販での入手がオススメです。
病院に行く手間も省け、通常より格安で入手することができます。
心因性の勃起障害の場合には心理カウンセリングや抗うつ薬の服用などで治療を行うこともあります。
勃起障害の治療は早期に始めることが大切です。
勃起するのに時間がかかった、勃起しても持続しにくいと言うことが気になり始めたら早めに泌尿器科などを受診するようにしましょう。

関連記事